>

ベストな時期は4歳から8歳だと言われています

運動系の習い事について

強い体作りの基礎となるのが運動です。
その為、幼児教育の中である習い事の中でも、運動系の習い事が一番人気があります。
今まででは水泳がトップでしたが、最近ではダンスが人気となっています。
ダンスも激しい運動の一つですし、全身の筋肉を動かすので自然と体力が付きます。

運動系の習い事は男女ともダンスが一番なのですが、やはり性別を分けて見ると、ダンスの次に来るのはサッカーやバスケや野球といった球技関係が多いです。
女の子でもサッカーを始める子も今では少なくありません。
体作りをさせる意味でも運動系の習い事は小さい内から始める所が多いようです。
そうする事で体力作りや運動を通して様々な事を学ばせていくのだと思います。

文系の習い事について

文系の習い事では、そろばんや習字や勉強の習い事が多いそうです。
最近では小さい内から有名な学校に入学する為に塾に通う子も多いですし、男女共に文系の習い事に関しては運動系に比べるとあまり大差はないように感じます。
学校の授業にきちんとついていけるように小さい内からきちんと勉強のリズムをつけてあげる事で、苦手分野をなくしてあげたり克服させる努力をしています。

幼児教育でも小さい内から受験を視野に入れている塾は多いそうで、本当に赤ちゃんの内から通っている子も増えています。
小さい内は遊びを通して勉強をしている感じになるそうですが、大きくなるに連れて字を書いたり問題を解いたりするようになっていくそうです。
受験を視野に入れている幼児教育の中でも塾は小さい内でもきちんとした勉強のしかたを教えていくようになっています。


この記事をシェアする